SDGsの解決に寄与する取り組みを推進しています

8 . 働きがいも経済成長も
10 . 人や国の不平等をなくそう

国連総会において策定された17の目標と169のターゲットからなるSDGs ( Sustainable Development Goals「 持続可能な開発目標 」)について、Kaisei Laboは、取り組みを推進してまいります。

社会保険労務士は、社会保険労務士法第1条に定めがあるとおり「 労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資すること 」が目的とされています。社会保険労務士の業務は、労働分野が「 ゴール 8 」、社会保険分野が「 ゴール 10 」に合致している部分があり、本来業務を着実に履行していくことが、すなわちSDGsの解決に貢献するものであると考えます。

先進国である日本においては、すでに政策が導入され、機能している部分もありますが、周知や理解の不足により有効な利活用がなされていないという側面があることも否定できません。Kaisei Laboは、制度や法律の周知や、制度改正( 法改正 )があった際の正しい理解の促進において貢献できることを常に意識しつつ、 SDGsの解決に寄与する取り組みを推進してまいります。

 

ターゲット

8.3
生産活動や適切な雇用創出、起業、創造性、およびイノベーションを支援する開発重視型の政策を促進するとともに、金融サービスへのアクセス改善などを通じて中小零細企業の設立や成長を奨励する。

8.5
2030年までに、若者や障害者を含むすべての男性および女性の、完全かつ生産的な雇用およびディーセント・ワーク、ならびに同一労働同一賃金を達成する。

10.4
税制、賃金、社会保障政策をはじめとする政策を導入し、平等の拡大を漸進的に達成する。

参照 : SDGs – 持続可能な開発目標  |  国連開発計画( UNDP )

 

例えばこのような取り組みを行っています

取り組み 内容
法改部・法改部ログの運営 誰もが自由にアクセスできる、人事労務関連の法改正情報の収集・整理・発信を兼ね備えたオウンドメディアの運営を行っております。
地域の活性化事業「まちゼミ」(千葉県市川市)への参画 店舗や事務所が講師となり、プロならではの専門的な知識や情報などを無料で受講者(お客様)にお伝えする「まちゼミ」に運営面も含めて参画し、地域の皆様へ「社会保険制度の基礎」などをお伝えする啓蒙活動を行っています。

※市川まちゼミのFacebookページはこちら

学生向けのワークルール教育の推進 大学生、専門学校生、高校生等を対象とした、労働基準関係法令等の知識の周知・啓発を図るための労働条件セミナーの講師を受託し、ワークルール教育の推進の一翼を担っています。

※厚生労働省委託事業「大学生・高校生等を対象とした労働条件セミナー 」のフライヤーはこちら

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。Kaisei Labo | 法改正研究所受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。